産経ニュース

【皇太子さま58歳】誠実で謙虚、ユーモアや気さくさも

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【皇太子さま58歳】
誠実で謙虚、ユーモアや気さくさも

記者会見される皇太子さま=21午後、東京・元赤坂の東宮御所(代表撮影) 記者会見される皇太子さま=21午後、東京・元赤坂の東宮御所(代表撮影)

 来年5月1日に即位される皇太子さまはどんなお人柄なのか。交流のある知人らは「誠実で謙虚」と口をそろえる一方、ユーモラスで気さくな一面もお持ちだと話す。

 「お若いころから皇族であることに誠実に向き合ってこられた」と話すのは、学習院初等科からの学友である乃万暢敏さん(58)。20歳のころに交わした会話を今も覚えているという。

 38年前の昭和55年2月23日。20歳の誕生日を迎えた浩宮時代の皇太子さまは、皇居・宮殿で成年式に臨み、昭和天皇から大勲位菊花大綬章を受け取られた。

 「すごい勲章を頂いたんですね」。乃万さんが祝意を伝えると、皇太子さまは「このような勲章を私のような若輩者が頂いてよろしいんだろうか」と謙虚に話し「勲章にふさわしい人物にならなければ」と強い決意を示されたという。

 「これまで皇太子として国民のために邁進(まいしん)されてきた」と話す乃万さん。「最近は即位に向かって表情が引き締まっていらしたように思う」と印象を語る。

 皇太子さまは忙しい公務の合間に、登山やビオラ演奏、歴史研究にも熱心に取り組まれている。

 ライフワークである「水」問題の研究で交流のある元建設省河川局長の尾田栄章さん(76)は、皇太子さまが講演や食事会などでユーモアを交えて、笑いを誘われることがあると打ち明ける。

続きを読む

「ライフ」のランキング