産経ニュース

隣の船橋市民でさえ6割が知らない「千葉県白井市」 “色”がつく市のカラーポスターで知名度アップに躍起

ライフ ライフ

記事詳細

更新


隣の船橋市民でさえ6割が知らない「千葉県白井市」 “色”がつく市のカラーポスターで知名度アップに躍起

千葉県白井市をPRするカラーポスター。「知らない街脱却」はなるか… 千葉県白井市をPRするカラーポスター。「知らない街脱却」はなるか…

 「白井? そんな街知らない」-。知名度調査で、お隣りの千葉県船橋市民ですら6割が「知らない」と答えた現実に愕然(がくぜん)とした同県白井市。少しでも認知度を上げようと打開策を検討した末に市は19日、県内にとどまらず、北は北海道から西は四国・愛媛県まで、全国の“色”の名前が付く8つの駅や、字が似ていて間違えられやすい京成電鉄臼井駅(佐倉市)に「白井」の名を大書したポスターを掲示した。

 例えば、JR福知山線の黒井駅(兵庫県丹波市)用ポスターには「黒井のみなさま、白井でございます」という“口上”を掲載。各駅名や周辺地域に合った内容で「おも白井(しろい)市」と名乗ってPRしている。

 白井市知名度アンケートは昨年3月、近隣の本県内8市と東京都江戸川区、横浜市で、15~49歳の1千人を対象に行われた。「白井市を知っている」と答えたのは、鎌ケ谷市民86・0%、印西市民85・8%だったが、松戸市民40・0%、船橋市民38・6%、市川市と千葉市の住民は20・0%、江戸川区民14・1%、横浜市民は6・0%-などとなった。結果に衝撃を受けた白井市が約1年かけて“名誉挽回”のポスター作戦を編み出した。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング