産経ニュース

時事通信が「俳人の金子兜太さん死去」と誤報記事を配信 1時間後に取り消し

ライフ ライフ

記事詳細

更新


時事通信が「俳人の金子兜太さん死去」と誤報記事を配信 1時間後に取り消し

 時事通信社(東京都中央区)は19日午前、俳人で文化功労者の金子兜太(とうた)さん(98)の死去を速報するとともに記事を配信し、約1時間後に誤報だったとして取り消した。

 同社によると、同日午前6時44分、契約社向けに速報し、6分後に5行程度の記事を配信した。しかし、午前7時55分に契約社向けに「事実関係に誤りがありましたため記事を削除します」と連絡し、午前8時半ごろには「金子兜太さんが死去したとの情報は誤りでした」と速報を訂正した。誤報記事は同社の公式サイトなどにも掲載され、削除の措置が取られた。

 記事は関係者からの情報に基づくものだったが、事実関係の確認が不足していたという。

 同社の境克彦編集局長の話「誤った記事を配信し、金子様、ご家族をはじめ、関係者、読者の皆様に多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫び致します。事実関係の確認が不十分でした。この間の経緯に関しては厳重に調査した上で、再発防止に努めます」

「ライフ」のランキング