産経ニュース

「南京大虐殺」「南京事件」、日本史と世界史で歴史用語にばらつき 教科書精選案に疑問視の声

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「南京大虐殺」「南京事件」、日本史と世界史で歴史用語にばらつき 教科書精選案に疑問視の声

 高校や大学の教員らで構成する民間団体「高大連携歴史教育研究会」(会長・油井大三郎東大名誉教授)が、高校歴史教科書から「坂本龍馬」を削除する一方、論争がある「従軍慰安婦」「南京大虐殺」などを精選した用語案をめぐり、研究者らから歴史教育への影響に加え、日本史と世界史の間での用語の不統一を疑問視する声が出ている。日本史で自虐的傾向があるが、用語の選定作業グループが世界史と異なるため相違が生じた可能性もある。

 「今後の国際社会を生きていく子供たちに、国内外の歴史上の著名な人物を教えなくてもいいのか」。1月下旬に行われた自民党有志の会合。議員からは歴史用語を大幅に削減した高大連携歴史教育研究会の精選案に異論が相次いだ。

 この団体のホームページによると、精選案では「教科書本文に掲載し、入試で必須暗記事項として扱う」基礎用語を掲載。原則として、ほとんどの教科書に掲載されている用語や歴史の大きな転換、時代の基本的特徴を説明する概念用語などを選定するとしているが、個別用語の選定基準は一部を除いて明らかにしていない。

 日本軍による「強制連行」の誤解を与えかねない戦後の造語である「従軍慰安婦」や日本軍の残虐性をことさら強調した「南京大虐殺」といった精選案の用語は、現行の教科書でも少数表記ながら盛り込まれているが、研究者からは日本史と世界史での用語の不統一が指摘されている。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング