産経ニュース

【書評】ノンフィクション作家・秋山真志が読む『酒は人の上に人を造らず』吉田類著 “達人”の酒場紀行エッセー

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
ノンフィクション作家・秋山真志が読む『酒は人の上に人を造らず』吉田類著 “達人”の酒場紀行エッセー

『酒は人の上に人を造らず』吉田類著 『酒は人の上に人を造らず』吉田類著

 著者の酒の飲み方が痛快かつ爽快。朝飲み酒の特集を雑誌で組んだ時、作家の坂崎重盛氏と2人で上野駅のガード下の立ち飲み屋から飲み始めて2日でなんと13軒を回った。カウンターの隣でグラスを傾けていた若者から「そんなに飲み回って飽きないのですか」と問われ、「飽きないね」と2人して即答したのだという。

 酔うほどに饒舌(じょうぜつ)となり、話が尽きない。飲み屋で居合わせた酔客とすぐに親しくなり、談論風発。著者の飲み方は達人の域に達している。酒は健康のバロメーター。美味(おい)しい酒が飲めるうちは健康な証拠である。著者の俳句や短歌もちりばめられていて楽しい構成となっている。(中公新書・760円+税)

「ライフ」のランキング