産経ニュース

更年期症状 半数が「だれにも相談せず」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


更年期症状 半数が「だれにも相談せず」

 「更年期症状がある」と自覚する女性に症状の相談相手を聞いたところ、ほぼ半数の49%が「だれにも相談していない」と答えたことが、漢方薬、サプリメント通信販売業「日本ヘルスケアアドバイザーズ」(東京都)の調査で分かった。

 調査は、30代後半~50代前半の女性で、更年期症状に該当する400人に対し、インターネットで実施した。

 更年期症状の対処法は「何もしない」が50%で、「サプリメントを取る」(23%)と「運動する」(20%)が続き、「病院に行く」と答えた人は7%にとどまった。症状に苦しみながらも人に言えず、また、病院に行く人は少数派で、我慢している人が多い様子がうかがえた。

 監修した小山嵩夫医師は「今の自分が、昔とはどう変わっているのかを知ることが、更年期症状から抜け出す近道。つらい症状を我慢せずに、専門家に相談するなどの対処をした方がいい」と話している。

「ライフ」のランキング