産経ニュース

【教育動向】小学校の英語、教科化でどう変わる?

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【教育動向】
小学校の英語、教科化でどう変わる?

 学習指導要領の改訂により、2020年度から、小学校5・6年生で行われていた「外国語活動」に代わり、正式な教科として「英語」が導入されます。英語が教科になると、何が変わるのでしょうか。

 中央教育審議会・教育課程部会外国語ワーキンググループのメンバーでもあり、英語カリキュラムの審議に携わってこられた東京外国語大学教授の投野由紀夫先生にお話をうかがいました。

「言えること」「わかること」がゆるやかに積み上がるカリキュラムに

 これまで小学校5・6年生で行っていた外国語活動は、ALTと一緒にゲームや歌などのアクティビティを楽しみながら、英語や海外の文化に親しむことが目的でした。今回の学習指導要領の改訂により、外国語活動の開始は小学校3年生からと前倒しになり、5・6年生は教科として英語を学ぶことになります。

 では、外国語活動と教科としての英語はどう違うのでしょうか。

 外国語活動のアクティビティは、予備知識がまったくなくても、その時間内だけで楽しめる内容になっていました。今回の改訂で大きく変わるところは「積み上げ」を意識している点です。子どもたちが持っているコミュニケーションへの欲求を大切にしながら、前に習ったことを使って、「言えること」や「聞いてわかること」を少しずつ増やしていくイメージです。

続きを読む

「ライフ」のランキング