産経ニュース

受動喫煙対策 “逃げ道”残し大幅後退、自民党再び紛糾も 規制派の三原じゅん子氏「厚労省の罪は重い!」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


受動喫煙対策 “逃げ道”残し大幅後退、自民党再び紛糾も 規制派の三原じゅん子氏「厚労省の罪は重い!」

居酒屋での喫煙の様子 居酒屋での喫煙の様子

 厚生労働省が30日に公表した他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙対策。昨年3月に厚労省が公表した当初案と比較すると大幅に後退する内容となった。これに自民党の受動喫煙規制派は猛反発。党執行部は内容より、健康増進法改正案を成立させることに重きを置いているが、昨年同様、内紛の火種になりそうだ。

 自民党本部で30日昼過ぎに始まった厚労部会正副部会長・部会長代理会議。出席者からは疑問の声が噴出した。厚労省が提示したペーパーには焦点となっている飲食店について、経営規模が小さい事業所が運営する店舗に対する措置として、こう記述している。

 「面積が一定規模以下のものについては、別に法律で定める日までの間、『喫煙』『分煙』の標識の掲示により喫煙を可能とする。この場合、20歳未満(客も従業員も)の立ち入り禁止などを行うこととする」

 出席者からは「一定規模とはどの程度なのか」「罰則規定の内容はどうなっているのか」などの疑問点が相次いだ。だが、厚労省側の回答のほとんどが「検討中」。規制派、規制反対派の両方に気を使った結果、曖昧な内容のまま公表したのは間違いない。

続きを読む

「ライフ」のランキング