PR

ライフ ライフ

【センター試験】大雪などで24会場遅れ 対応誤りで3時間遅れも

Messenger
雪が降りしきる中、大学入試センター試験の会場を後にする受験生=13日午後、福井市の福井大学(永田直也撮影)
雪が降りしきる中、大学入試センター試験の会場を後にする受験生=13日午後、福井市の福井大学(永田直也撮影)

 大学入試センター試験が13日、全国695会場で始まり、本格的な大学入試シーズンがスタートした。大雪や交通機関の乱れにより新潟市の2会場で試験開始時刻が1時間繰り下げられるなど、全国24会場で最大3時間の繰り下げ措置が取られた。

 今年の志願者数は58万2671人。日程は14日までの2日間で、初日は地理歴史・公民、国語、外国語の4教科が行われた。14日は理科と数学を実施する。

 日本海側の新潟などで大雪となり、新潟大(新潟市西区)▽日本歯科大新潟生命歯学部(同市中央区)-の2会場で1時間繰り下げ措置が取られ、受験生約4千人に影響が出た。

 このほか雪や鉄道トラブルなどにより、試験室や受験生ごとの繰り下げも行われた。東京都多摩市の多摩大で受けた受験生1人は2科目登録していた地理歴史・公民を1科目に切り替えようとし、12日にセンターに電話で問い合わせたところ、職員が誤った説明をしたため会場に来るのが遅れ、3時間繰り下げとなった。

 交通機関の乱れで会場への到着が大幅に遅れたり、監督者のミスで正規の試験時間を確保できなかったりしたとして、計5人が地理歴史・公民や外国語の再試験対象となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ