産経ニュース

イラストレーター・生らい範義 描写力と表現の幅で圧倒

ライフ ライフ

記事詳細

更新


イラストレーター・生らい範義 描写力と表現の幅で圧倒

「宮本武蔵」第1巻表紙 1970年 c生●(=頼のおおがいが刀の下に貝)範義 「宮本武蔵」第1巻表紙 1970年 c生●(=頼のおおがいが刀の下に貝)範義

 「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」「ゴジラ」などの映画ポスターにSF小説の表紙、さらには油彩の大作まで-。幅広い活動で人気のあったイラストレーター、生●(おおらい)範義(1935~2015年)の軌跡を体感する「生●範義展 THE ILLUSTRATOR」が上野の森美術館(東京都台東区)で開催されている。生涯に残した3000点以上からよりすぐった原画248点などを展示。その表現の多様さと描写力には圧倒されるばかりだ。

 昭和10年、兵庫県明石市で生まれた生●は、戦時下の空襲で焼け出され、鹿児島・川内(せんだい)(現・薩摩川内市)に疎開する。川内高校卒業後、東京芸術大の油画専攻に進学するも中退。広告代理店でカット描きの仕事をしていた41年、乱世の英雄らを緻密な点画で描いた「吉川英治全集」の新聞全面広告のイラストが評判を呼び、仕事の依頼が相次ぐようになる。

 48年には活動拠点を妻の故郷の宮崎市に移し55年、「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」の国際版ポスターを手がけ世界的に注目を浴びる。また「ゴジラ」(59年)以降のゴジラシリーズや「マッドマックス2」といった映画ポスター、小松左京や平井和正らのSF小説に雑誌の表紙、「信長の野望」などゲームソフトのパッケージと、さまざまなイラストをこなした。

続きを読む

このニュースの写真

  • イラストレーター・生らい範義 描写力と表現の幅で圧倒

「ライフ」のランキング