産経ニュース

慢性腎臓病「運動してみたら体調いい」 注目集める「腎臓リハビリ」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


慢性腎臓病「運動してみたら体調いい」 注目集める「腎臓リハビリ」

透析中、ベッドに横たわりながらペダルこぎ運動をする患者の様子を見るスタッフの高橋亮太郎さん=仙台市の川平内科 透析中、ベッドに横たわりながらペダルこぎ運動をする患者の様子を見るスタッフの高橋亮太郎さん=仙台市の川平内科

 かつては「安静第一」とされた慢性腎臓病の治療。近年は運動不足の害の方が大きいことが分かり、運動療法を中心とする「腎臓リハビリ」が注目されるようになった。病気が進行し人工透析となった患者にも運動の恩恵は大きいとして、透析時に運動療法を提供する施設が増えつつある。専門学会は安全な運動療法を提供できる人材を育成し、腎臓病と運動をめぐる新常識をさらに広めたいとしている。

 かつては「安静第一」

 50代から透析を続ける仙台市の男性(72)は定年退職後、自宅近くの川平内科(千葉茂実院長)に通い始めてから、週3回の透析が「運動の機会」に変わった。初めは気乗りしなかったが「周りにつられて運動してみたら体調がいいんです」。

 むくみもあって歩くのがつらかった現役時代とは変わり、足腰の動きが滑らかで体重も適正に。今は透析前にバランス能力などを鍛える器具で体を動かした後、透析中もベッドでペダルこぎなどの運動をする。散歩も毎日欠かさない。

 「運動を始めたら透析以外の日も活動的になったと話す患者さんが多いです」と健康運動実践指導者の資格を持つ同内科スタッフの高橋亮太郎さん(36)。

続きを読む

このニュースの写真

  • 慢性腎臓病「運動してみたら体調いい」 注目集める「腎臓リハビリ」

「ライフ」のランキング