産経ニュース

【明治の50冊】(1)閉塞状況打開のカギに 読者を鼓舞 『西国立志編』サミュエル・スマイルズ著、中村正直訳

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【明治の50冊】
(1)閉塞状況打開のカギに 読者を鼓舞 『西国立志編』サミュエル・スマイルズ著、中村正直訳

明治3~4年刊行の『西国立志編』講談社学術文庫版 明治3~4年刊行の『西国立志編』講談社学術文庫版

 9年10月25日の東京日日新聞は〈日本国中人民の心を振起し…真の国益と成りたる書物〉と紹介。作家、星新一は昭和53年刊『明治の人物誌』(新潮社)で、苦労して製薬会社を興し、成功させた父、一(はじめ)の「人生観の源泉」がこの本だったと明かし、〈新しさがあり、ロマンがあり、夢があり…人をかりたてるものがある〉と本の魅力を伝えている。

 さらに『西国立志編』序文にある〈一人の命は、全地球より重い〉の一文は、23年3月、最高裁判所で死刑の合憲性が問われた裁判の判決文冒頭にも引用されるなど及ぼした影響は大きかった。

 その本は今、56年に復刊された講談社学術文庫版で読める。昨年末現在33刷と毎年のように増刷。「『論語』などのように人生の指針となる本でもあり、長期間、堅調に部数を伸ばしている」と担当者。

 平成25年には『現代語訳 西国立志編』(PHP新書)も出た。企画、現代語訳した歴史コメンテーターで教育ジャーナリストの金谷俊一郎さんは「もとは英国の本だが、そこには中村正直のメッセージが込められ、『純日本式成功哲学』が凝縮されている」といい、こう続けた。

続きを読む

このニュースの写真

  • (1)閉塞状況打開のカギに 読者を鼓舞 『西国立志編』サミュエル・スマイルズ著、中村正直訳
  • (1)閉塞状況打開のカギに 読者を鼓舞 『西国立志編』サミュエル・スマイルズ著、中村正直訳
  • (1)閉塞状況打開のカギに 読者を鼓舞 『西国立志編』サミュエル・スマイルズ著、中村正直訳

「ライフ」のランキング