産経ニュース

【食育専門家・浜田峰子の魚で元気な未来!(10)】和食の魅力を「解釈」 英語で発信

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【食育専門家・浜田峰子の魚で元気な未来!(10)】
和食の魅力を「解釈」 英語で発信

外国人ゲストに英語で和食の魅力を伝える生徒たち 外国人ゲストに英語で和食の魅力を伝える生徒たち

 授業ではまず魚偏の漢字や懐石料理の順番、おもてなしの基本である千利休の七則などを学ぶので、最初はまるで国語の授業のようです。次に、和食がいかに食材を生かした調理法であるかを学びます。刺し身ひとつとっても平造り、そぎ造り、薄造り、糸造り、松皮造りなど魚の身の特徴に合わせた切り方があります。包丁も魚の大きさや切り方に応じてさまざまな種類があります。「cut(切る)」と一言で言ってしまうのは、もったいないほどの技です。単に言葉を置き換える「translate(翻訳)」ではなく、理解してきちんと伝える「interpret(解釈)」がとても大切だと考えています。

 生徒たちも最終的には、料理人ならではの和食の魅力を英語で伝えられるようになりました。日本で料理を学ぶ若者には、海外に正しく日本の食文化を発信する義務があるように思います。そうしたことが日本の漁業の元気な未来を支えると考えるからです。

続きを読む

「ライフ」のランキング