産経ニュース

【新春対談】トップ走り続ける桐生祥秀選手 vs 10代戴冠へ一直線の藤井聡太四段

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【新春対談】
トップ走り続ける桐生祥秀選手 vs 10代戴冠へ一直線の藤井聡太四段

今年に懸ける思いを文字にした色紙を手にする藤井聡太四段(左)と桐生祥秀選手(古厩正樹撮影) 今年に懸ける思いを文字にした色紙を手にする藤井聡太四段(左)と桐生祥秀選手(古厩正樹撮影)

 --桐生さんはサッカーでゴールキーパーもされていました

 桐生 サッカーもやってましたし、肩も強い方で、90メートル以上は投げられます。水泳以外はできる自信はあります。泳ぐのだけはだめなんです、陸専門なんで。水泳は25メートルぎりぎり泳げるかどうか。

 --勝負の中で力を出し切るために大切なことは

 桐生 僕、気分屋なんです。自分でも分かっています。テンションが良いときと悪いときで差が激し過ぎて。テンションをずっと上にすることは難しいですが、その差をだんだん狭めていければ。

 藤井 将棋は自分の実力以上のものは出ないというか、どうしてもミスはしてしまいます。ミスをしたときにどう立て直すかという力が問われてくると思います。

 --トップならではの苦しみや、目指している人は?

 桐生 日本で9秒98を出し、タイム的にはトップですが、日本人だけでやる競技ではないんです。海外の選手が主役になっている種目なので、まだ、トップに立っている自覚はない。スタートラインにやっと立った。苦しみより、まだまだ伸ばしたいというのが多いです。

 藤井 羽生(善治)棋聖が目標ではあります。まずは本当に自分の力を上げていかなければ活躍ができません。連勝の過程で多くの方に注目をいただきましたが、まだ実力的にはトップには及ばないので、その差を埋めるように頑張っていきたい。自分の中で実力を高めていきたいというのが強いですね。

続きを読む

このニュースの写真

  • トップ走り続ける桐生祥秀選手 vs 10代戴冠へ一直線の藤井聡太四段
  • トップ走り続ける桐生祥秀選手 vs 10代戴冠へ一直線の藤井聡太四段
  • トップ走り続ける桐生祥秀選手 vs 10代戴冠へ一直線の藤井聡太四段

「ライフ」のランキング