産経ニュース

【びっくりサイエンス】健康なうんちは“宝”だけど…薬なのか体の一部かそれが問題だ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【びっくりサイエンス】
健康なうんちは“宝”だけど…薬なのか体の一部かそれが問題だ

研究者らは、糞便移植を患者がより安全に利用できる規制枠組みを提案している(c)Val Altounian/AAAS 研究者らは、糞便移植を患者がより安全に利用できる規制枠組みを提案している(c)Val Altounian/AAAS

 「糞便」は体内にあるうちは、きたないものではない。小エビを食べるときに見えることもあるが、魚でははらわたの一部でもある。きたないどころか、捨てるのももったいない腸内細菌が多く含まれている善玉菌の「宝庫」といってもいい。

 この糞便だが、他人のものを健康のために自分の腸に取り込む、いわゆる「糞便移植」がじわじわと広がっているという。

2013年に画期的研究成果

 きっかけの一つは、抗菌薬によって腸内細菌のバランスが崩れ、ディフィシルという菌が増殖して腸炎などを引き起こす「再発性クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)」という病気の治療に著しい効果があったという2013年の報告だ。

 CDIは、米国と欧州連合(EU)を合わせて年間62万5000件の症例があり、米国では毎年1万4000人が死亡するという推計もある。報告によると、CDI患者の十二指腸に健常な人の糞便を経鼻チューブを通じて投与したところ、明らかな効果がある一方、重大な副作用はみられなかった。

 腸内バランスといえば乳業会社などがよく発信する健康のバロメーター。栄養を吸収する腸内の状態が整っている方が望ましいことは疑う人も少ないだろう。一部のヨーグルトに入っているビフィズス菌も母乳を飲む乳児の糞便から発見されたものだ。

 食品を摂取して腸内の状態を改善していくのもいいが、他人の健康な腸内細菌を一気に移して健康な腸を手に入れようというのが糞便移植だ。一般には、血のつながった家族の便から食物繊維などを取り除いたものを腸に注入して定着を試みる。国内でも医師の判断で治療に用いる「臨床研究」の範囲で取り入れている医療機関が散見される。

続きを読む

「ライフ」のランキング