産経ニュース

【天皇陛下84歳】「平成が終わる前に」「穏やかな気持ちでお過ごしに」一般参賀に訪れた人々から感謝

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【天皇陛下84歳】
「平成が終わる前に」「穏やかな気持ちでお過ごしに」一般参賀に訪れた人々から感謝

一般参賀で、天皇陛下に手を振る人たち=23日午前、皇居(桐原正道撮影) 一般参賀で、天皇陛下に手を振る人たち=23日午前、皇居(桐原正道撮影)

 天皇陛下の譲位日が決まってから初めての天皇誕生日となった23日、皇居での一般参賀に訪れた人たちからは、この日も自然災害の被災地に思いを寄せられた陛下のお言葉に、感謝する声が目立った。

 友人と2人で初めて訪れた東京都三鷹市の会社員、犬飼美智子さん(26)は「自分たちが生まれた平成が終わる前に、一度見ておきたかった」。父親が皇后さまと同じ名前をつけたといい、「皇室を特に意識してこなかったけど、実際にお姿を見たら、言葉にならなかった」と話した。

 この日のお言葉でも、東日本大震災の被災者らの境遇を気遣われた陛下。犬飼さんは「いつも国民の幸せを祈ってくれ、ありがたい。譲位後は、皇后さまと仲良く、ゆっくり過ごしてもらいたい」と願った。

 平成27年9月の東日本豪雨の被災地、茨城県常総市から夫と訪れた増田恵子さん(67)は、同10月に両陛下が現地を見舞われたことへのお礼を込めて足を運んだ。当時間近で見て「力をもらった」と振り返り、「私たちを気にかけてくれていることがうれしい」と笑顔を見せた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「平成が終わる前に」「穏やかな気持ちでお過ごしに」一般参賀に訪れた人々から感謝

「ライフ」のランキング