産経ニュース

【天皇陛下84歳】「次の時代への継承に向け準備」 

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【天皇陛下84歳】
「次の時代への継承に向け準備」 

御所の庭を散策される天皇、皇后両陛下=6日、皇居(宮内庁提供) 御所の庭を散策される天皇、皇后両陛下=6日、皇居(宮内庁提供)

 天皇陛下は23日、84歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、皇居・宮殿で記者会見に臨み、平成31年4月30日と決まった譲位までの間、「象徴としての務めを果たしながら、次の時代への継承に向けた準備」を行うとの考えを示された。皇室会議を経て、8日の閣議で譲位日を定めた政令が決定して以降、陛下が自らの譲位について公に述べられたのは初めて。

 陛下は宮内記者会が事前に提出した質問に対し、約12分間にわたり、用意した原稿を読み上げる形で臨まれた。この中で陛下は「期日が決定した私の譲位について」と切り出し、「これまで多くの人々が各々の立場で考え、努力してきてくれたことを、心から感謝しています」と述べ、昨年8月のビデオメッセージで譲位の意向を示した後、約1年4カ月でその道筋がついたことに謝意を示された。

 譲位までの今後の過ごし方については「残された日々、象徴としての務めを果たしながら、次の時代への継承に向けた準備を、関係する人々と共に行っていきたい」とご言及。宮内庁が陛下の体調に配慮し、譲位前から皇太子さまが代理を務められる形も模索する中、陛下は譲位日まで公務を全うする意向を表明された。新天皇となる皇太子さまへの公務の引き継ぎなど、スムーズな継承に努める考えも示された。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「次の時代への継承に向け準備」 

関連ニュース

「ライフ」のランキング