産経ニュース

【編集者のおすすめ】奈良時代のパンデミック描く『火定(かじょう)』澤田瞳子著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【編集者のおすすめ】
奈良時代のパンデミック描く『火定(かじょう)』澤田瞳子著

『火定(かじょう)』澤田瞳子著 『火定(かじょう)』澤田瞳子著

 天平9(737)年に起こり、平城京の人口の半数近くが失われた“パンデミック(感染症の大流行)”をご存じだろうか-。本書は、奈良時代に起こった天然痘の大流行と、それに立ち向かう人々について書かれた物語である。

 この疫病は、時の権力者であった藤原4兄弟を死に至らしめ、それによって聖武天皇を中心とした皇親政治へ、さらにその揺り返しとして藤原氏が権力を取り戻す……と、歴史の流れを大きく変えるきっかけとなった。それにもかかわらず、教科書では1行程度しか記載されていない。

 主人公は、施薬院(貧しい病人を診察する官立の医院)に嫌々勤める名代という若者と、貧家の出でありながら天皇の侍医にまで上りつめたものの無実の罪で捕らえられ、すべてを失った諸男。対照的な彼らはそれぞれ、死の恐怖や圧倒的な理不尽との対峙(たいじ)によって、生きることの意味や、医師とは何か、という問題に突き当たっていく。

 この「天平のパンデミック」を通して浮き彫りにされるのは、政治や医療に対する不信、詐欺や、自分さえよければいいという保身、異質な存在のいわれなき排除など、人間の負の部分である。そして暴力的なまでの疫病は、絶望的と言うしかない現実をわれわれに突きつけてくる。

続きを読む

「ライフ」のランキング