産経ニュース

【書評】82歳でアプリを開発したスーパーおばあちゃんの人生論 『60歳を過ぎると、人生はどんどんおもしろくなります。』若宮正子著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
82歳でアプリを開発したスーパーおばあちゃんの人生論 『60歳を過ぎると、人生はどんどんおもしろくなります。』若宮正子著

『60歳を過ぎると、人生はどんどんおもしろくなります。』若宮正子著 『60歳を過ぎると、人生はどんどんおもしろくなります。』若宮正子著

 著者は60歳を迎えてからパソコンを学び、今年、82歳でゲームアプリ「hinadan」を開発、さらに米アップル本社の世界開発者会議「WWDC」にも招待されたスーパーおばあちゃんだ。

 「アップルのティム・クックCEOも大絶賛」という、その人生論はユニークで、本書でも「規則正しくしない方が、うまくいく」「大事なのは自分がご機嫌かどうか」など明快な言葉が並ぶ。

 生き方だけでなく、海外旅行について「パックツアーは鎖国みたいなもの」と述べるなど、文中にちりばめられた含蓄に富む表現にも大いに共感させられる。(新潮社・1200円+税)

「ライフ」のランキング