産経ニュース

子宮頸がんワクチン勧奨再開求め学会が声明

ライフ ライフ

記事詳細

更新


子宮頸がんワクチン勧奨再開求め学会が声明

 接種後の全身の痛みなどの症例が報告され、積極的な接種勧奨が中止されている子宮頸(けい)がんワクチンについて、日本産科婦人科学会(藤井知行理事長)は9日、接種勧奨の再開を強く求める4度目の声明を発表した。「学術団体として、国民と行政に対して正確な科学的情報を発信する責務がある」として、来年2月に市民公開講座を開く。

 子宮頸がんワクチンは平成25年4月に定期接種化されたが、痛みや運動障害、記憶障害などさまざまな症状を訴える患者が出たため、2カ月で積極的な接種呼び掛けが中止された。

「ライフ」のランキング