産経ニュース

【老舗あり】那覇市 山城(やまぐすく)まんじゅう 月桃の葉香る 首里名物 創業160年「心のふるさと」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【老舗あり】
那覇市 山城(やまぐすく)まんじゅう 月桃の葉香る 首里名物 創業160年「心のふるさと」

「120年の伝統の味」と記された看板は、店舗を建て替えた当時からそのまま使用している。入り口左側にホットサンド専門店が隣接する 「120年の伝統の味」と記された看板は、店舗を建て替えた当時からそのまま使用している。入り口左側にホットサンド専門店が隣接する

 琉球王朝の栄華を象徴する世界遺産、首里城を仰ぐ龍(りゅう)譚(たん)池のほど近く。小ぢんまりした店に入ると、この地で「サンニン」と呼ばれる月(げっ)桃(とう)の葉の香りが漂う。

 甘い物好きが多いとされる沖縄県にあって、創業約160年を誇る老舗の逸品「山城まんじゅう」は、甘党ならずとも引きつけられる首里名物だ。

 手作りの水あめと砂糖でこさえたつぶあんを、小麦粉を水でこねた薄皮で包む。その後、月桃の葉を敷き詰めた「ヒラシャーマー」と称される器で約30分間、蒸し上げて完成する。添加物とは一切無縁である。

 月桃の葉に包まれたできたてをほおばると、口の中にほど良い甘みと月桃の香りがぱぁーっと広がる。

 屋号と品名は、那覇市の現在地で山城家本家が創業したことに由来する。大戦で資料が焼失し正確な歴史は不明だが、山城家の嫁が店を代々受け継いできた。

 3代目店主の山城カメさん(昭和48年没、享年83)に跡取りがなかったため、めいの伊波オトさん(平成17年没、享年93)が4代目として切り盛りした。しかし15年にオトさんが体調を崩したうえ、店舗前で県道拡張工事があって店を閉めざるを得なくなった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 那覇市 山城(やまぐすく)まんじゅう 月桃の葉香る 首里名物 創業160年「心のふるさと」

「ライフ」のランキング