産経ニュース

有人月探査実現には厚い壁 基地構想なお時間、巨額負担ずっしり 検討着手、宇宙開発埋没に危機感

ライフ ライフ

記事詳細

更新


有人月探査実現には厚い壁 基地構想なお時間、巨額負担ずっしり 検討着手、宇宙開発埋没に危機感

米国による有人月探査の想像図。基地(左)が月上空を周回する(NASA提供) 米国による有人月探査の想像図。基地(左)が月上空を周回する(NASA提供)

 政府が有人月探査の検討を打ち出したことで、不透明だった2020年代後半の日本の有人宇宙活動の姿がようやく見え始めた。ただ、米国の基地構想の具体化や巨額の費用負担など多くの課題があり、実現には高いハードルが待ち受けている。(草下健夫)

 有人ロケットを持たない日本は国際宇宙ステーション(ISS)運用終了後の有人計画を描けていない。アジアでは中国が独自の有人宇宙船を運用し、インドも火星に探査機を送るなど活発な動きを見せており、日本が埋没することへの危機感が今回の検討着手の背景にある。

 米トランプ政権は火星の前段階として月探査を重視しており、日米連携を国際社会に印象づける狙いもうかがえる。来年3月には各国政府が参加する宇宙分野の国際会議を日本が主催することが決まっており、発言権を確保する地ならしの意味合いもありそうだ。

 宇宙政策委員会の葛西敬之委員長は1日の会見で「国際協力の枠組みの中で、日本の主体性を発揮し国益に沿うよう検討していく必要がある」と実現に期待感を示した。

続きを読む

「ライフ」のランキング