産経ニュース

【天皇陛下譲位】平成…両陛下“重ねた旅” 慰霊・復興に心寄せられ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【天皇陛下譲位】
平成…両陛下“重ねた旅” 慰霊・復興に心寄せられ

 天皇陛下は昭和64年1月7日の即位以降、困難に直面した国民のもとを幾度となくご訪問。先の大戦の激戦地で、自然災害で被害を受けた被災地で、人々を慰め、祈りをささげられてきた。「最後の日々」も東日本大震災の被災地や、戦没者慰霊を目的とした地方ご訪問が検討される。陛下が象徴天皇として、皇后さまとともに歩まれた年月は「国民とともに」を体現されてきた旅の歴史でもある。

 即位後間もない平成3年7月、天皇、皇后両陛下は長崎県の雲仙・普賢岳噴火の被災者を見舞われた。火砕流発生からわずか1カ月。避難所で床に膝をつき、被災者に慰めの言葉をかけられるスタイルは、このときの訪問が原点となった。

 7年1月の阪神大震災、16年10月の新潟県中越地震など、大きな震災後の被災地には、常に両陛下のお姿があった。23年3月の東日本大震災では、発生5日後に被災者を勇気づける異例のビデオメッセージをご公表。現地の救援活動などに配慮して東京都内の避難所から始め、7週連続で被災者を見舞われた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 平成…両陛下“重ねた旅” 慰霊・復興に心寄せられ

関連トピックス

「ライフ」のランキング