産経ニュース

今年の梅毒患者、44年ぶりに5千人超え 「気になる人は早めに受診を」厚労省呼びかけ

ライフ ライフ

記事詳細

更新


今年の梅毒患者、44年ぶりに5千人超え 「気になる人は早めに受診を」厚労省呼びかけ

 国立感染症研究所は28日、今年の梅毒の感染者が19日までの報告で5053人(速報値)になったと発表した。5千人を超えたのは昭和48年以来、44年ぶり。厚生労働省は「早期発見すれば治療と感染拡大防止につなげられる。不特定多数との性行為など、気になる人は早めに受診してほしい」と呼びかけている。

 感染研によると、感染者は東京1561人、大阪703人、愛知310人、神奈川286人、福岡202人-などとなっており、都市部に多い。

 梅毒は主に性行為によって感染し、性器や唇などに赤い発疹ができる。抗菌剤で治療できるが、放置すると脳や心臓に重い合併症を起こすこともある。戦後間もない時期には年間20万人を超える患者がいたが、抗菌剤治療が普及して激減。平成22年には年621人にまで減ったが、23年ごろから再び増え始めた。

関連ニュース

「ライフ」のランキング