産経ニュース

【びっくりサイエンス】花屋さんの店先に青い花がたくさん並ぶ日 

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【びっくりサイエンス】
花屋さんの店先に青い花がたくさん並ぶ日 

農業・食品産業技術総合研究機構とサントリーグローバルイノベーションセンターが共同で開発に成功した「青い菊」=22日、茨城県つくば市(桐山弘太撮影) 農業・食品産業技術総合研究機構とサントリーグローバルイノベーションセンターが共同で開発に成功した「青い菊」=22日、茨城県つくば市(桐山弘太撮影)

 今年7月に論文発表された世界初の「青い菊」が今月22日、茨城県つくば市の農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)でお披露目された。15系統の菊で青色化に成功し、バラやカーネーション、ユリなどにも同じ手法が応用できる可能性があるとしており、青い花が生活に新たな彩りを与えてくれそうだ。

国内市場の3割を占める菊

 本来の色ではない青い花を人工的に咲かせた例は、サントリーグループがオーストラリアのベンチャーと共同開発した青いカーネーションやバラが知られる。しかし、国内の切り花の産出額でみると、実はカーネーションとバラを合わせても市場全体の15%に過ぎず、菊は31%とダントツだ。また、今回の技術は、従来の青色化とは原理も一部違っているため、市場に新たなインパクトを与えるとみられる。

 菊の花は、黄色や白のイメージが強いが、赤や紫もある。しかし、青紫や青といった青系の花を咲かせる品種は近縁にもないという。そこで農研機構は平成16年からサントリーと共同で遺伝子組み換えによる青色化の研究に取り組んだ。

 青から紫、赤にかけて発色する花では主に、アントシアニンという色素群が関わっている。アントシアニンは分子構造によってシアニジン(赤)、デルフィニジン(青)、ペラルゴニジン(だいだい色)などの物質に分けられる。

 青く咲かないなら、他の花から取ってきた青色遺伝子を組み込むことが王道だ。研究チームは、さまざまな青色遺伝子の導入効果を調べる中で、キキョウの仲間であるカンパニュラの遺伝子を組み込んだ菊で青色色素が作られることを見つけ、25年にデルフィニジン100%の菊の作出に成功した。しかし、色は青紫が限界だった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 花屋さんの店先に青い花がたくさん並ぶ日 
  • 花屋さんの店先に青い花がたくさん並ぶ日 
  • 花屋さんの店先に青い花がたくさん並ぶ日 
  • 花屋さんの店先に青い花がたくさん並ぶ日 
  • 花屋さんの店先に青い花がたくさん並ぶ日 
  • 花屋さんの店先に青い花がたくさん並ぶ日 

「ライフ」のランキング