産経ニュース

クマに人間の怖さ学ばせるため狩猟開始日の半月前倒しを検討 イノシシと同じ11月1日に 岩手 

ライフ ライフ

記事詳細

更新


クマに人間の怖さ学ばせるため狩猟開始日の半月前倒しを検討 イノシシと同じ11月1日に 岩手 

人里に下りてくるケースが増え、人身被害が問題化しているツキノワグマ(岩手県提供) 人里に下りてくるケースが増え、人身被害が問題化しているツキノワグマ(岩手県提供)

 岩手県は平成30年度からツキノワグマの狩猟開始日を現行の11月15日からニホンジカやイノシシと同じ11月1日に前倒しすることを検討している。ツキノワグマに人間の存在や怖さを改めて学習させ、28年度に17件19人を数えた人身被害、45・4ヘクタール、3467万円に及んだ農業被害を減らそうという狙いで、実現すれば東北6県で初めてとなる。(石田征広)

 ツキノワグマの狩猟開始日の前倒しは今年6月に開かれた県環境審議会自然・鳥獣部会で県猟友会の菅野範正専務理事が提案した。野生鳥獣の狩猟期間は国の鳥獣保護管理法で基本的には11月15日~翌年2月15日と定められている。東北6県は同法に準拠し、ツキノワグマの狩猟期間を11月15日~翌年2月15日としてきた。

 野生鳥獣の狩猟期間は都道府県の判断で変更することができる。急速な個体数増加と生息域拡大で農業被害が深刻なニホンジカやイノシシはその典型だ。国も平成35年までに半減させたい方針で、東北6県も秋田を除く5県が狩猟期間を延長しており、岩手はニホンジカ、イノシシとも最長の11月1日~翌年3月31日だ。

続きを読む

「ライフ」のランキング