産経ニュース

食品添加物「リン酸塩」過剰摂取? ハムやソーセージに使用 普通の食生活なら心配無用

ライフ ライフ

記事詳細

更新


食品添加物「リン酸塩」過剰摂取? ハムやソーセージに使用 普通の食生活なら心配無用

 週刊誌などで「危ない食品添加物」などと指摘され、ハムなどの自社製品で「不使用」とするコンビニエンスストアもある「リン酸塩」。「リン」の過剰摂取への配慮からのようだが、気にする必要があるのだろうか。(平沢裕子)

「不使用」アピール

 「ハムのリン酸塩をゼロへ」。ファミリーマートは3月、看板商品の1つであるサンドイッチについて、食材のハムにリン酸塩を使わないことを「こだわり」として挙げた。広報担当者は「豚肉本来の食感を出したかった」と説明。リン酸塩不使用による原材料のコスト増分は、他食材の見直しなどで調整したという。

 セブンイレブンも、サンドイッチなどのハム・ソーセージで平成18年からリン酸塩を不使用としている。広報担当者は「リンの過剰摂取が骨粗鬆(こつそしょう)症の原因といわれており、リン酸塩を気にするお客さまに対応している」とする。

 ハムやソーセージにリン酸塩を添加物として使うのは、原料である肉の水分を保つ効果から、柔らかい食感となりおいしくなるためだ。また、防腐や色味を鮮やかにする効果もあり、さまざまな用途で加工食品に使われる。ラーメンの麺に欠かせない「かんすい」にも含まれる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 食品添加物「リン酸塩」過剰摂取? ハムやソーセージに使用 普通の食生活なら心配無用

「ライフ」のランキング