PR

ライフ ライフ

遺骨収集、不正経理4億円 7県警ではDNA型鑑定装置が使われずじまい 国民年金保険料、2億円徴収できず 会計検査院決算検査報告

Messenger

 鑑定数が少なく、必要性に乏しかったほか、使用する際に事件名や名前などを入力する必要があり、操作が煩雑だったことから、使用されていなかった。

国民年金保険料、督促や差し押さえ怠り2億円徴収できず…

 日本年金機構は、国民年金保険料の未納者に督促や財産の差し押さえを怠り、26~28年度に、保険料や延滞金約5億2810万円を徴収していなかった。このうち約2億1558万円分は2年の消滅時効期間が経過し、徴収できなくなっていた。

 会計検査院が25都道府県下の年金事務所を調査したところ、保険料を徴収できるのに督促を怠っていたケースが511件(約2258万円)。このうち189件(約982万円)が時効期間を経過していた。

 また、財産を保有しているのに差し押さえを怠っていたケースは178件(約3428万円)で、うち152件(約2873万円)が時効。延滞金の納付督促などを怠っていたのは1万7891件(約4億7124万円)で、うち5151件(約1億7703万円)で時効期間が経過していた。

 機構は「誠に遺憾。今後は適切な対応に努める」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ