産経ニュース

ホウレンソウから残留農薬 茨城の農園、横浜に出荷

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ホウレンソウから残留農薬 茨城の農園、横浜に出荷

 茨城県は5日、同県鉾田市のつくえ農園が生産したホウレンソウから、基準値を超える残留農薬が検出されたと発表した。横浜市の卸売業者に50キロが出荷され、流通したとみられる。県は食品衛生法に基づいて回収を命じ、市を通じて流通量や範囲などを調べている。

 県によると、10月31日に組合を通して200グラム入りのホウレンソウ250袋を出荷。横浜市の抜き取り検査で、基準値(0・2ppm)の6倍を超える1・3ppmの殺虫剤フェニトロチオンが検出された。水洗いで流すことが可能で、食べても健康に影響はないという。

 農薬の使用時期が不適切だったとみられ、県は適正な使用を指導した。

「ライフ」のランキング