産経ニュース

【就活リサーチ】優秀な学生の辞退多く…今年の採用、担当者の8割「厳しい」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【就活リサーチ】
優秀な学生の辞退多く…今年の採用、担当者の8割「厳しい」

 当社「ディスコ」では、10月の正式内定日を迎えたタイミングでの採用活動の進捗(しんちょく)状況を調査しました。採用活動を終了した企業は5割強(57・1%)。選考解禁1カ月後に実施した前回調査(今年6月下旬~7月初旬)では約2割(23・8%)だったので、この3カ月間で30ポイントあまり増加しました。

 採用予定数に対する内定者の割合、いわゆる「充足率」は約8割(77・9%)。採用継続企業に限ると、59・5%と6割に届いていません。

 採用担当者は、ここまでの採用活動をどのように感じているのでしょうか。「厳しい」「どちらかといえば厳しい」と回答した企業は、実に8割を超えました。「やさしい」「どちらかといえばやさしい」と回答した企業は合計してもわずか1・1%。採用活動を終了した企業も含め、ほとんどの企業が厳しい戦線だと実感していることがわかります。

 「厳しい」と回答した企業の話を聞くと、「応募総数は増えているものの、優秀な学生の辞退が多い」「3~4社から内定をもらえる学生も多く、決断を待っても結局辞退されてしまう」と、例年以上に内定辞退に悩まされた企業が多かったようです。

続きを読む

「ライフ」のランキング