産経ニュース

【世界の記憶】8カ国の慰安婦資料は登録判断見送り 群馬県の上野三碑は登録

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【世界の記憶】
8カ国の慰安婦資料は登録判断見送り 群馬県の上野三碑は登録

ユネスコ「世界の記憶」に登録が決まった群馬県の「上野三碑(こうずけさんぴ)」の一つ、山上碑(上野三碑世界記憶遺産登録推進協議会提供) ユネスコ「世界の記憶」に登録が決まった群馬県の「上野三碑(こうずけさんぴ)」の一つ、山上碑(上野三碑世界記憶遺産登録推進協議会提供)

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)は日本時間31日未明、重要な歴史文書や映像フィルムなどを認定する事業「世界の記憶(記憶遺産)」の新規登録リストを公表した。日中韓を含む8カ国・地域の民間団体などが共同申請した慰安婦に関する資料「日本軍『慰安婦』の声」は登録可否の判断が延期された。

 日中韓などの共同申請側は慰安婦を旧日本軍の「性奴隷」としており、日本政府を糾弾してきた団体などで構成。日本政府が「ユネスコの政治利用に当たる」として強く反対していた。一方、日本の保守系民間団体が「慰安婦は性奴隷ではなかった」と訴えるため米民間団体と共同申請した「慰安婦と日本軍規律に関する記録」も延期された。

 10月24~27日にパリで開かれた記憶遺産国際諮問委員会(IAC)の審議を経て、ユネスコ事務局長が決定した。IACは、両申請者間の対話を促している。

 記憶遺産をめぐっては、中国側が2年前の前回に申請した「南京大虐殺文書」が日本政府による反論の場がないまま登録され、日本政府が制度改善を要請。今月のユネスコ執行委員会で政治的緊張の回避を求める決議が採択されており、審査に反映された。

続きを読む

このニュースの写真

  • 8カ国の慰安婦資料は登録判断見送り 群馬県の上野三碑は登録
  • 8カ国の慰安婦資料は登録判断見送り 群馬県の上野三碑は登録
  • 8カ国の慰安婦資料は登録判断見送り 群馬県の上野三碑は登録

「ライフ」のランキング