産経ニュース

【佐藤優の世界裏舞台】旧世代の教育を受けた者は競争に敗れる! 衆院選で「教育大改革」が議論されない不思議 五輪より学習指導要領改定が重要だ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【佐藤優の世界裏舞台】
旧世代の教育を受けた者は競争に敗れる! 衆院選で「教育大改革」が議論されない不思議 五輪より学習指導要領改定が重要だ

大学入試改革に取り組む文科省=東京都千代田区(瀧誠四郎撮影) 大学入試改革に取り組む文科省=東京都千代田区(瀧誠四郎撮影)

 現在の教育は79年製のプロペラ機のようなものだ。現在の学校ではプロペラ機の操縦を習得している。40年7月に運用が開始された旧海軍の零式艦上戦闘機(ゼロ戦)が、11型から54型とマイナーチェンジを繰り返して、大東亜戦争末期まで用いられたのに似ている。

 しかし、マイナーチェンジでは米軍の新型戦闘機の能力に対応できなかった。マークシート式試験の欠陥を補うべく、東大や京大では、記述式の2次試験が行われているが、そういう大学は一部にとどまる。自己推薦入試や大学が特別の基準で選抜するAO入試など、多様な学生を確保することも行われているが、学生の能力を多面的に発展させるという目的は達成されていない。

 付属高校からの内部進学、推薦入学、AO入試で合格した学生の学力が、ごく一部の例外を除けば、一般入試で合格した者よりも低く、大学教育の混乱要因になっているというのが実態だ。さらに一部の中高一貫進学校では、中学1、2年次に数学の成績が不振だと、早稲田、慶応などの難関私大文科系の入試に目標を定め、英語、国語、社会の3科目に特化させ、数学、理科については習得できていなくても単位を与える。

続きを読む

「ライフ」のランキング