産経ニュース

【囲碁】「まだ、信じられない」 井山裕太七冠の一問一答

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【囲碁】
「まだ、信じられない」 井山裕太七冠の一問一答

史上初の2度目の全七冠同時制覇を達成し、笑顔で記者会見する囲碁の井山裕太碁聖=17日午後、静岡県熱海市 史上初の2度目の全七冠同時制覇を達成し、笑顔で記者会見する囲碁の井山裕太碁聖=17日午後、静岡県熱海市

 --11月には日本で開催される(韓国主催の国際棋戦)LG杯に出場する

 「今年はこれまで世界戦に出場できたことが、国内戦にもいい影響を与えた。厳しい日程だったが、得るものが大きい。挑戦しているだけではダメなので、結果を残したい」

 --1度目と今回の七冠の違いは

 「23歳で初めて6冠になり、まわりに期待されながらなかなか到達できなかった。前回は自分の力だけではない、幸運も重なり(七冠に)なれた。今回は内容的に高いレベルで打ち続けることができた」

 --強敵だと思う若手棋士は

 「強い相手は大勢いるが、天元戦・王座戦の挑戦者になった一力さん(遼七段)は完成度が高く、世界的にみても勝てるチャンスがある棋士。公式戦対局したことはないが、芝野虎丸七段は碁に対する姿勢もよく、楽しみな存在」

 --地元・大阪のファンに向けてひと言を

 「(プロ野球クライマックスシリーズの)阪神が今、どうなっているか気になりますが…。阪神ファンと同様、(自らが所属する)日本棋院関西総本部が長くタイトルから遠ざかっているときも、熱く応援してくださった。そういう(七冠になった)姿を見せられたのは、よかった」

 --中国や韓国の棋士で勝てないと思う棋士はいるか

 「少し上をいってる人は数人いるが、かなわないと思ったことはない。総合的にみて足りないな、と。勝つのは容易ではないが、自分も成長できているので、いつかチャンスはあるのではないかな思います」

「ライフ」のランキング