産経ニュース

【健康カフェ】(99)糖尿病治療 管理不良なら別の薬の検討も

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【健康カフェ】
(99)糖尿病治療 管理不良なら別の薬の検討も

 他の医院で糖尿病などの治療を受けていた40代女性が、今の主治医の治療方針に疑問があるということで、私の医院を受診しました。女性は体格指数(BMI、日本では25超が肥満)が30、HbA1c(過去1~2カ月の血糖値の平均値、6・5%以上が糖尿病)は7%超で、糖尿病管理は今一つというところ。インターネットで調べたという女性は「SGLT2阻害薬を使いたいのですが」と言います。

 SGLT2阻害薬は、尿の中に糖を多く排出させることで血糖値を下げるという新たなメカニズムの薬で、日本では3年前から使われるようになりました。

 米国では新しい糖尿病薬が出ると、実際に多くの患者さんに投与した試験で、その薬が心血管病を増やさないことを調べるように求められます。何種類かのSGLT2阻害薬の試験では最近、心血管病を増やさないだけでなく、むしろ減らす効果があり、糖尿病による腎障害も抑えるという報告が相次いでありました。この結果から、薬の効果と安全性は十分あると考えられています。ただし、使い始めてからの期間が短いので、長期間使ったときにどうなるかまでは分かりません。

続きを読む

「ライフ」のランキング