産経ニュース

【教育動向】幼児教育、肝心なのは「質」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【教育動向】
幼児教育、肝心なのは「質」

政府は現在、保育を含めた幼児教育の無償化を段階的に進めようとしています。

財源をどう確保するかなど課題は山積しているものの、保護者の負担軽減という点からは歓迎すべきことです。しかし無償化すればそれで済むという問題でもないようです。

単なる「お世話」でなく

日本では、憲法で無償が保障されている義務教育などに比べて、幼児教育や高等教育の費用負担を家庭に依存していることが、かねてから問題になっていました。このうち高等教育の無償化は現在、議論が始まったばかりですが、幼児教育に関しては、既に政府・与党の方針で、段階的な無償化に乗り出しています。ただ議論の中心が、財源をどう確保するかに追われ、肝心な教育の中身は、文部科学省などに任されているのが現状です。

経済協力開発機構(OECD)は先頃、2017(平成29)年版の「図表でみる教育」を公表しました。教育に関するさまざまなデータを比較・分析して、各国の政策に生かしてもらうためです。

アンドレアス・シュライヒャー教育・スキル局長は、日本の記者向けに行ったインターネット会見で、広がる経済格差の解消に効果的な教育政策は、早期からの質の高い幼児教育に公的な資金を積極的に投資することだと指摘する一方、質の高い幼児教育とは単に「お世話」をすることではなく、社会情動的スキルや認知機能を高めることだと述べ、そのためにも力のある教員を充てるべきだと注意を促しました。

「図表でみる教育」によると、日本は、幼児教育の在学率が2015(平成27)年時点で3歳児80%(OECD平均は78%)、4歳児94%(同87%)でした。その高さをシュライヒャー局長も2012(平成24)年の会見で「グッドニュース」と評していたほどです。

しかし今回は、改めて「量」だけでなく「質」の問題を指摘した格好です。

続きを読む

「ライフ」のランキング