産経ニュース

小6で最年少予報士合格 北海道の11歳、挑戦4回目

ライフ ライフ

記事詳細

更新


小6で最年少予報士合格 北海道の11歳、挑戦4回目

要点をまとめた自作のノートを手にする、史上最年少で気象予報士試験に合格した本田まりあさん=8日、北海道北見市 要点をまとめた自作のノートを手にする、史上最年少で気象予報士試験に合格した本田まりあさん=8日、北海道北見市

 第48回気象予報士試験(8月27日実施)の結果が10日までに発表され、北海道北見市の小学6年、本田まりあさんが11歳11カ月の史上最年少で合格した。試験を主催する気象業務支援センター(東京)によると、小学生の合格者は初。挑戦4回目で合格率5%前後の難関を突破したという。

 本田さんによると、受験のきっかけは、家族でドライブに行った際に「雲はなぜ落ちてこないのだろう」と思ったこと。学校の勉強と並行して登校前に20~30分、夜は1時間ほど机に向かった。3回目の挑戦からは参考書などで勉強した内容を4冊のノートに整理し、理解を深めた。試験は学科と実技。最初は集中力が続かなかったが、次第に慣れたという。

 本田さんは「大変だったけれど、合格できて満足です。雲が落ちてこない理由も分かった」と笑顔を見せた。将来は医院を経営する父親のような内科医になり、患者を治すことが夢。今後、気象庁に申請すれば気象予報士の資格を得られる。

「ライフ」のランキング