PR

ライフ ライフ

広い視野で人生を豊かに楽しむ 若い時代に趣味を持とう

Messenger

 「ひ・ひ・ふみん、ひふみんアイ♪」

 フジテレビのバラエティー番組「アウト×デラックス」で軽快なリズムに乗って歌声を披露するのは今年6月に将棋界を現役引退した加藤一二三・九段(77)だ。「ひふみん」の愛称で親しみやすいキャラクターが話題を呼び、引退後もテレビ出演や講演などで引っ張りだこの毎日を過ごす。テレビ番組では歌と同様、将棋とはまったく関連性のない大食い対決にも挑戦し、「ここまでやるのか」と関係者を驚かせた。しゃべりだしたら止まらない怪トークもウケている。

長くトップ棋士として活躍した加藤一二三・九段。現役引退後も活動の幅を広げている (松本健吾撮影)
長くトップ棋士として活躍した加藤一二三・九段。現役引退後も活動の幅を広げている (松本健吾撮影)

 「控えめに言っても、3日に1回はテレビに出ている。引退する前よりもたくさん仕事をしている」と笑う。

 1954(昭和29)年に当時の史上最年少記録となる14歳7カ月でプロ入り。普通のサラリーマン人生の1・6倍にあたる63年間に及ぶ年月を第一線で文字通り戦ってきた。新たな世界に飛び込んで、さらにパワフルに活動できる秘訣(ひけつ)は何か。加藤氏は若い頃から続けてきた「趣味」の存在だという。

 「クラシック音楽や世界旅行。こうしたものを通じて、いろんな人生経験を重ねてきた。だから、引退後にテレビ出演となってもそんなに驚かずに対応できているんでしょう」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ