産経ニュース

【書評】文化部編集委員・豊田昌継が読む『私説大阪テレビコメディ史 花登筐と芦屋雁之助』澤田隆治著 史実残したい…行間から執念

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
文化部編集委員・豊田昌継が読む『私説大阪テレビコメディ史 花登筐と芦屋雁之助』澤田隆治著 史実残したい…行間から執念

『私説大阪テレビコメディ史 花登筐と芦屋雁之助』澤田隆治著 『私説大阪テレビコメディ史 花登筐と芦屋雁之助』澤田隆治著

 喜劇俳優の芦屋雁之助といえば、画家の山下清を描いたドラマ「裸の大将放浪記」や森光子との共演で知られた舞台「おもろい女」の印象が鮮烈に残っているだろう。

 だが、弟の芦屋小雁とのコンビ漫才を皮切りに、OSミュージックホールなどへの出演、テレビ「番頭はんと丁稚(でっち)どん」の小番頭役など、小雁や大村崑、佐々十郎らとともに、昭和30年代に東京にもその評判がとどろいた「関西コメディ」の中心人物といった方が通りがいい。

 そんな雁之助らを束ねてきたのが、もう一人の主人公である脚本家の花登筐(はなと・こばこ)。40~50年代の人気ドラマ「細うで繁盛記」「どてらい男(やつ)」など“根性モノ”の生みの親として知られ、彼らとは「番頭はん-」の脚本・演出をはじめ、花登が主宰した劇団「笑いの王国」で行動をともにしてきた。後にたもとを分かつが、雁之助らの飛躍は花登なくしてはありえなかった。

 著者は、前出「裸の大将」を全国へと広めた「花王名人劇場」などのヒット番組を企画した重鎮メディアプロデューサー。30~40年代のテレビ創成期には、大阪・朝日放送で「てなもんや三度笠」「スチャラカ社員」などのヒット番組を担当した。雁之助や花登とはそれ以前に出会い、のちに花登とは「ライバル」と称された。

続きを読む

「ライフ」のランキング