産経ニュース

50歳で終活資格、女優・財前直見さん 「遺族が困らないために」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


50歳で終活資格、女優・財前直見さん 「遺族が困らないために」

「身近な人のトラブル防止のためにも」という思いで資格を取った女優の財前直見さん 「身近な人のトラブル防止のためにも」という思いで資格を取った女優の財前直見さん

 演技派女優として、30年以上にわたって芸能界の第一線で活躍している財前直見さん(51)は、遺族の心のケアや、エンディングノート作成に手を貸す民間資格「終活ライフケアプランナー」を取得したそうだ。女優には似つかわしくないとも思えるこの資格。なぜこのような資格を取得したのか、財前さんにうかがった。(ソナエ編集部)

                  

 実践的なことを

 財前さんが終活ライフケアプランナーの資格を取得したのは平成28年のこと。そのきっかけについて、こう話してくれた。

 「勉強している姿を息子に見せたくて資格を取ることを考えました。最初は心理やマナーの資格の勉強をしたのですが、それらは女優としてやってきて、だいたい身についています。それで、両親やそのお友達のお役に立てることをと思ってこの資格を取りました」

 ひと口に終活といっても、葬儀、お墓、保険、遺産相続など多岐にわたり、一定の知識がないと、思わぬトラブルになることもある。

続きを読む

「ライフ」のランキング