産経ニュース

シカの食害、高山帯に拡大 山梨県が調査 景観破壊や災害リスクも

ライフ ライフ

記事詳細

更新


シカの食害、高山帯に拡大 山梨県が調査 景観破壊や災害リスクも

 シカの食害が標高2千メートル以上の山岳地帯に広がり、植生や景観を破壊している。山梨県森林総合研究所(富士川町最勝寺)が南アルプスの北岳(3193メートル)周辺を調査して明らかになった。食害を減らすために高山帯(2500メートル以上)よりも低域で行っている駆除を避け、シカが逃避したためだという。高山帯での駆除は容易ではなく、国や県は高山植物を保護する防護柵の設置を進めている。(松田宗弘)

 同研究所は県内を約210区画に分轄して調査し、1平方キロメートル当たりのシカの頭数を推計している。北岳周辺は平成17年以降、1~5頭となっている。

 同研究所の長池卓男主幹研究員は「この10年間に北岳の中心部から半径約5キロ圏内で頭数が増えている」と指摘。「高山植物が食べられたり、踏みつけられたりして植生が破壊され、土壌が露出しているところも出てきた」と食害の進行を懸念する。

 だが、高山帯でのシカの駆除は難しい。ハンターの登山や変わりやすい天候など、制約が多い。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング