産経ニュース

「減酒」助ける外来開設 アルコール依存症“ブレーキ壊れる”前に

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「減酒」助ける外来開設 アルコール依存症“ブレーキ壊れる”前に

患者(右)の話を聴く辻本士郎院長=大阪府東大阪市 患者(右)の話を聴く辻本士郎院長=大阪府東大阪市

 お酒を飲み始めたらやめられないアルコール依存症は、ブレーキの壊れた車にも例えられる。その治療は長らく「断酒」だけだったが、深刻な問題が生じる前の段階で医療が関わり、酒量を減らす「減酒」に導こうとの取り組みが動き始めた。うまくいけば飲酒者の健康度を上げるのに役立ちそうだが、問題がないのに自分の飲酒行動に疑問を抱くのは難しい。時には「自分は大丈夫?」と振り返ることが必要だ。

 有力な選択肢

 神奈川県横須賀市にある国立病院機構久里浜医療センターは4月、飲酒量を減らすための治療や指導を行う国内初の「減酒外来」を開設した。

 担当の湯本洋介医師(精神科)によると、8月末までに受診したのは約30人。断酒に踏み切れなかった軽症のアルコール依存症患者のほか、「飲酒後記憶がなくなった」「家族に暴言を吐いてしまった」などのトラブルに悩む依存症の“予備軍”とも言える人々が、県外からも訪れる。

 依存症治療の基本は酒を断つことだ。しかし「断酒を強要されるイメージが問題飲酒者をアルコール外来から遠ざけている面はある」と湯本さん。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「減酒」助ける外来開設 アルコール依存症“ブレーキ壊れる”前に

「ライフ」のランキング