産経ニュース

電動塩・こしょうひき 家庭料理に本格風味

ライフ ライフ

記事詳細

更新


電動塩・こしょうひき 家庭料理に本格風味

 レストランのような本格派の塩・こしょうの風味や香りを家庭でも楽しめるように、結晶や粒状のものをひいて粉にする「ミル」が各種登場している。片手でボタンを押すだけの電動タイプは、調理しながら使えて便利だ。

 京セラが6月に発売した「セラミック電動ミル」は、塩とこしょうなど各種のスパイスをひくのに使える。粒を粉にひくための臼の部分に、独自の技術を生かしたセラミックを採用。摩耗しにくく、水で洗ってもさびが発生しないのが特徴だ。金属製ではひきにくい、湿り気があるタイプの塩にも使える。白と黒の2色。希望小売価格5400円。

 コーンズ・アンド・カンパニー(東京)が輸入販売するフランスの「プジョー エリスセンス」は、臼部分に丈夫な鉄を使ったこしょう用と、さびにくいステンレスを使った塩用の2種類。ダイヤルで粉の粗さを6段階に調節でき、上部に軽く触れると作動する。いずれも希望小売価格1万6200円。

 ドリテック(埼玉県越谷市)の「PM-106 光るペッパーミル」はこしょう用。本体の下にライトが付いていて、手元を明るく照らしながら使える。こしょうの粉の粗さなどを確認しやすいという。粉の粗さは本体下のダイヤルを回して調節できる。参考価格2140円。

「ライフ」のランキング