産経ニュース

ベールに包まれた女医さんの実態 白書からホンネが見えた! 結婚相手はやはり…

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ベールに包まれた女医さんの実態 白書からホンネが見えた! 結婚相手はやはり…

 キャリアウーマンの最たる「女性医師」。医師向け人材マッチングサービス大手の「エムステージ」(東京都品川区)が運営する女医向け情報サイト「ジョイネット」は、女医へのアンケートに基づいた「女医白書」を作成した。白書によると、女医の結婚相手は半分以上が医師だという。女医の3分の1しか幸せになれないという法則がまことしやかにささやかれる特殊な業界。女医の本音に迫った白書から実態を探る。(社会部 天野健作)

“デキ婚”も1割

 同サイトは、既婚の女医109人を対象に今年2月~3月にかけて調査を実施した。医師という仕事の専門性の高さや、当直や呼び出しなど働き方に特殊性があり、結婚や出産、育児に通常とは異なった苦労があるとみられる。

 まず、女医はいつ結婚するのか。白書によると、結婚年齢は「25~29歳」(34・9%)が最も多く、6割以上が「25~34歳」の期間に結婚している。

 厚生労働省の人口動態統計によると、ここ3年間の一般の妻の平均初婚年齢は「29・4歳」であるから、女医もほぼ変わらない。

 医師になるには研修が前期(2年間)と後期(専門により期間が異なる)あるが、女医の結婚時期は「後期研修中」(22・9%)と「研修後5年未満」(22・9%)が最も多く、合わせて45・8%。

 結婚したタイミングを選んだ理由として、「交際期間を考えるとそろそろだと思ったから」(36・7%)「仕事の責任がそこまで重くない時期だったから」(10・1%)のほか、「妊娠したから」と、医師らしからぬ“デキ婚”も1割ほどいた。

続きを読む

「ライフ」のランキング