産経ニュース

心の不調 IT使い「見える化」 精神障害者の仕事継続支援

ライフ ライフ

記事詳細

更新


心の不調 IT使い「見える化」 精神障害者の仕事継続支援

SPIS(エスピス)の入力画面を見せる浦田梨佐さん=大阪市 SPIS(エスピス)の入力画面を見せる浦田梨佐さん=大阪市

 慢性疾患があっても、それと折り合いをつけながらどう仕事を続けるかを考える時代。精神の疾患や不調で問題になりやすいのは、体調の波が大きく、周囲も本人もかなり悪化するまで気付きにくいことだ。心の不調を早く見つけるのに役立つIT活用のソフトが、精神障害者の就労支援策として成果を上げつつある。メンタル不調の発生予防に活用できる可能性もあるとして精神科医らが関心を寄せている。

先手の対応で

 ソフトの名称は「SPIS(エスピス)」。大阪市のソフト会社、奥進システム(奥脇学社長)が平成24年に開発したウェブ日報システムだ。

 本人が設定する「朝までぐっすり眠れた」「ミスがないか確認できた」といった体調や仕事面の項目について、「良い」から「悪い」まで1~4点で自己評価した結果を画面に入力。自由記載のコメント欄もある。勤務先の担当者(上司)と、臨床心理士など外部の支援者の3者でこの情報を共有し、上司、支援者もコメントを記入できる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 心の不調 IT使い「見える化」 精神障害者の仕事継続支援
  • 心の不調 IT使い「見える化」 精神障害者の仕事継続支援

「ライフ」のランキング