産経ニュース

不漁…昨年水揚げされた解凍もので「目黒のさんま祭」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


不漁…昨年水揚げされた解凍もので「目黒のさんま祭」

「目黒のさんま祭」 「目黒のさんま祭」

 「解凍でもおいしい」-。東京都目黒区の田道広場公園で17日、目黒区民まつりの一つ、「目黒のさんま祭」が開かれた。

 毎年、宮城県気仙沼市から届く水揚げされたばかりのサンマを焼いて、無料で振る舞う人気イベント。今年は深刻な不漁のために開催が危ぶまれたが、同祭気仙沼実行委員会が昨年気仙沼港で水揚げされた解凍サンマ5千尾を確保し、届けられた。

 台風の影響で雨が降る中、会場周辺は長蛇の列。炭火で香ばしく焼かれたサンマには、大分県臼杵市産のカボスや気仙沼産の大根おろしを添えて配られた。

 午前4時から待っていたという男性は「楽しみだから雨も苦にならない。解凍と聞いたが、サンマはおいしかった」と満足そう。大田区と横浜市から来た女性2組も「7時過ぎから並んだ。去年と変わらずおいしい」と笑顔がこぼれた。区民センターホールでは柳家小さん氏による落語「目黒のさんま」が行われ、最後のオチで「やっぱり、サンマは目黒にかぎる」を会場全体で唱和し、締めくくった。

「ライフ」のランキング