産経ニュース

大学に広がる無料コピー機「タダコピ」 学生のニーズ、「対話」で把握

ライフ ライフ

記事詳細

更新


大学に広がる無料コピー機「タダコピ」 学生のニーズ、「対話」で把握

“裏面”に広告があり、コピー代金が無料の「タダコピ」。試験前には長蛇の列ができる =東京都新宿区の早稲田大 “裏面”に広告があり、コピー代金が無料の「タダコピ」。試験前には長蛇の列ができる =東京都新宿区の早稲田大

 理工系学生向け、女子大生向けなどの絞り込みもしており、設置大学は現在、全国147大学186キャンパスに広がっている。

 「表現の一つ」

 大きな話題となったのは、ショウガのカップスープ飲料「『冷えしらず』さん」(20年、永谷園)の広告。モデルにミスキャンパスを含む16大学の女子大生を起用し、「身近な人が出ている」という親近感を演出した。

 大学生はインターネットの動画サイトでミスキャンパスたちのファッションショーや栄養学の講座を楽しんだり、他大学の友人と協力して、この広告の全32種を集めるコレクターも登場。ブログやSNSへの書き込みは1万件を超えた。

 「ただの広告枠売りではなく、今の大学生は何を求めているのか、コミュニケーションをとって必要な情報を伝える初の事例だった」と同社取締役、北山哲朗さん(34)。

 発案は、当時、大手広告会社「電通」のデザイナーで、今春に独立した「刻(とき)キタル」の岸勇希さん。大学生から社会へ広がっていく広告効果に、北山さんは「何を伝えたいのかが大事で、タダコピは表現の一つだと学んだ」と話す。

続きを読む

「ライフ」のランキング