産経ニュース

「パラレルキャリア」広がる 自分らしい生き方模索、複数の仕事や社会活動

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「パラレルキャリア」広がる 自分らしい生き方模索、複数の仕事や社会活動

会社で仕事をする柴田菜々子さん=東京都内 会社で仕事をする柴田菜々子さん=東京都内

 複数の仕事を掛け持ちしたり社外で社会活動を行ったりする「パラレルキャリア」志向が、若者を中心に広がっている。やりたいことに打ち込む人、仕事のスキルを生かして社会活動をする人、時間に縛られない働き方を選ぶ人…。政府が普及促進に乗り出した副業に注目が集まるが、本業や副業にとらわれずに生きる道を模索している。

 広報とダンス

 7月下旬、金曜日の午後。人材派遣会社「ビースタイル」(東京)の広報担当者、柴田菜々子さん(27)は、東京都内で間近に迫ったダンス公演の練習に励んでいた。柴田さんはプロのダンスグループのメンバーでもある。パートを反復して動きを合わせる。週4日、1日平均7時間は踊る。

 広報の仕事は週3日。平成25年にフルタイム正社員として入社したが、仕事が忙しく、ダンスに専念しようと一度は辞職を決意した。だが社長の助言で「週3日勤務なら両立できる」と気付き、27年から契約社員となり、今の勤務に変わった。

 業務目標は週5日勤務の時と変えていない。仕事の優先順位を明確にし、周囲の協力も得て目標を達成。社内表彰もされた。収入は減ったが「幸福度が上がった」。上司も「集中力が高くなり、後輩にも良い刺激を与えている」と評価する。

 同社は今後正社員も週3日勤務などができる制度を創設する予定。担当者は「正社員は会社の理念やビジョンを共有する基幹人材。柔軟に働ける態勢を整えたい」と話す。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「パラレルキャリア」広がる 自分らしい生き方模索、複数の仕事や社会活動

「ライフ」のランキング