産経ニュース

防災の日 新たな脅威、命を守る 豪雨・北ミサイル…訓練多様

ライフ ライフ

記事詳細

更新


防災の日 新たな脅威、命を守る 豪雨・北ミサイル…訓練多様

 訓練の想定は最大震度6強の地震から始まり、記録的豪雨に移行。消防団員たちが河川の氾濫に備え、土嚢(どのう)を積み上げるなどした。

 ミサイル攻撃に備えた訓練も行われ、全国瞬時警報システム(Jアラート)の警報を合図に全員が頭を抱えて低い姿勢を取った。

 ◆中央道通行止め

 警視庁は首都直下地震を想定し、災害時に一般車の通行が規制される「緊急自動車専用路」の中央自動車道や国道20号で、一部区間を通行止めにした交通対策訓練を実施した。

 警視庁や東京消防庁のほか、埼玉、神奈川、山梨の3県警、陸上自衛隊北富士駐屯地(山梨県)などの約7千人が参加。都内で高速道路を規制した訓練は初めてで、これまでで最大規模としている。中央道の石川パーキングエリア(東京都八王子市)付近では地震による事故で動けなくなった車をレッカー車などで移動させる手順を確認。進路を確保した後、被災地に向かう警察のパトカーや東京消防庁のポンプ車が走行した。

「ライフ」のランキング