産経ニュース

【からだのレシピ】進行肝臓がん 免疫治療薬の適用拡大へ前進

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【からだのレシピ】
進行肝臓がん 免疫治療薬の適用拡大へ前進

進行肝臓がんの治験について発表する工藤正俊教授=7月28日、日本臨床腫瘍学会学術集会 進行肝臓がんの治験について発表する工藤正俊教授=7月28日、日本臨床腫瘍学会学術集会

 ■アジア人への臨床試験で約17%に縮小効果

 進行肝臓がんに対する免疫治療薬「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)の日本人を含むアジア人への臨床試験(治験)で、約17%の人にがんの縮小効果がみられたことなど治験の詳細が7月28日に神戸市で開かれた日本臨床腫瘍学会学術集会で明らかになった。治療薬の選択肢が少ない進行肝臓がんへの適用拡大に一歩前進した。

 ◆世界規模で治験

 発表したのは日本での同治験の責任者を務めた近畿大学医学部の工藤正俊教授(消化器内科学)。進行肝臓がんは末期の手前の症状。今回の治験では、標準治療の一環で分子標的薬の治療を行った進行肝臓がんの患者が対象となった。世界規模で平成24年から28年にかけて薬剤の安全と効果を調べる第1・2相の治験を実施。日本をはじめ、米国、英国、ドイツ、スペイン、韓国、台湾など12カ国から262人が参加した。

 この中でアジア人は70人が参加、うち日本人は26人。アジア人のデータに関して、17・1%の患者のがんが縮小。52・9%にがん抑制効果がみられたことが判明した。工藤教授によると、オプジーボがすでに保険適用されている非小細胞肺がんなどとほぼ同程度の効果が得られ、薬剤の安全性についても、他のがんと同様の水準が保てた。

 ◆3カ月以上持続

 同治験で注目されたのは効果の期間だ。治験では効果が3カ月以上の長期間続いていることも同時に分かった。これは、ほかのがんでも現れたオプジーボの共通の特徴だ。すべてのがん患者に効果は見られないが、特定のケースでは生存期間の長期延長の効果が出ているという。

 進行肝臓がんなどを経て国内で肝臓がんで亡くなる人は年間、約3万人。進行肝臓がんは現状では、薬物治療をしても薬剤耐性が起きるなど治療の継続が難しい面があった。工藤教授は「治験の結果は、新薬を待つ患者さんに朗報となるだろう」としている。

 オプジーボの進行肝臓がんへの適用をめぐっては、米国の食品医薬品局(FDA)は治験の成績を評価し承認に向けて迅速審査に入ったことを公表、最終段階の第3相の治験を飛ばして今秋にも承認される見込みだ。同治験を行った欧州でも同様に早期承認される見通し。工藤教授によると、日本では第3相の治験が実施される。保険適用への承認はその結果を受けて決定される。

 オプジーボは免疫チェックポイント阻害剤の一つ。同種の薬剤にはキイトルーダ(一般名ペムブロリズマブ)などもある。日本では悪性黒色腫(メラノーマ)が平成26年に最初に保険適用。続いて非小細胞肺がん、腎細胞がんなどへの適用が承認されている。

                   ◇

【用語解説】免疫チェックポイント阻害剤

 免疫細胞はがん細胞を攻撃する性質を持っているが、タンパク質のPD-L1とPD-1が結合すると、免疫細胞にブレーキがかかる。免疫チェックポイント阻害剤が投与されると、ブレーキが解除され、がん細胞を攻撃できるようになる。自己の免疫を使うため抗がん剤などに比べ、副作用が少ないとされる。

このニュースの写真

  • 進行肝臓がん 免疫治療薬の適用拡大へ前進

「ライフ」のランキング