産経ニュース

国宝・重文12城が危ない? 熊本地震では対策の有無で明暗、専門家「補強の重要性証明された」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


国宝・重文12城が危ない? 熊本地震では対策の有無で明暗、専門家「補強の重要性証明された」

地震で瓦などが崩れ落ちた熊本城=2016年4月撮影 地震で瓦などが崩れ落ちた熊本城=2016年4月撮影

 江戸時代までに築城され、天守が現存する全国12城(現存天守12城)の一部で今夏、耐震不足が判明したり、天守のしゃちほこの破損が確認された。夕刊フジが確認したところ、すでに耐震工事を済ませたのは姫路城(兵庫県姫路市)のみで、耐震診断を実施したのも4城にとどまる。昨年の熊本地震で熊本城に深刻な被害が出たことも踏まえ、城に詳しい専門家は早期の耐震補強の必要性を指摘する。(夕刊フジ)

 国宝または重要文化財に指定され、ファンも多い現存天守12城。その名城の一部で7月、危険や被害が発覚した。

 国宝に指定されている松本城(長野県松本市)では耐震診断の結果、天守の一部である「乾小天守(いぬいこてんしゅ)」が、震度7の地震で1、2階部分が倒壊する恐れがあると判明、同月15日から乾小天守への入場が禁止となった。

 同じく国宝である犬山城(愛知県犬山市)では同月12日夕、天守北側にあるしゃちほこの尾の部分などが破損しているのが見つかった。11日までは異常はなく、12日夕の落雷の衝撃で破損したとみられている。

 震度7の強い揺れを2度観測した昨年4月の熊本地震以降も各地で地震は続いている。地震だけでなく、福岡、大分両県を襲った九州北部豪雨のような災害も起きている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 国宝・重文12城が危ない? 熊本地震では対策の有無で明暗、専門家「補強の重要性証明された」
  • 国宝・重文12城が危ない? 熊本地震では対策の有無で明暗、専門家「補強の重要性証明された」
  • 国宝・重文12城が危ない? 熊本地震では対策の有無で明暗、専門家「補強の重要性証明された」

「ライフ」のランキング